バッターボックスに立て One Japanese Student's Diary in London

博士号取得のためロンドンに留学中。日本・東アジアの歴史を研究しています。

2018年2月20日(火)

朝起きたのは午後二時頃。そろそろ生活リズムを改善したい。

別の研究に移らなければならない。溜まっていた論文等を消化するが、余り進まない。

明日に台湾の友人等と食事に行く機会があるので、そこでリフレッシュできれば良いが。

香港の論考や博論等、やるべきことは多い。安息の地はここではないのだ。

2018年2月19日(月)

朝中国語skypeのため早く起きる。寝不足で頭が回らない。

やっとこそ字数制限以内に収まり、またミスを埋める作業をする。

夜一時半くらいに指導教員へ送信。開放感。

ビールと麻辣鍋をコンビニで買って一人晩酌。五時くらいまで目は覚めていた。

2017年2月18日(日)

朝中国語skypeのために起きる。睡眠時間が短いのが続いている。眠い。

史料を反映し、その後字数を減らす作業に移行する。既に二回ほど減らす作業をした後なので、なかなかしんどい。

睡眠不足が祟って、今日中に終わらすことができない。泣く泣く明日にまわす。

2018年2月17日(土)

今日も町は静かである。

一昨日昨日等と新年気分で深夜(早朝)に飲んだりしたので、弱冠体重が増えている。夕食を減らすが、そのために糖分不足で頭が痛い。結局豆花を食べてしまう。

文量的に今日には史料読解が終わる計算なので、ひたすら読み進め、深夜に達成。開放感がある。原稿反映の前に、気分転換でO先生の海関本を読む。

2018年2月16日(金)

今日は誕生日だが、ゆっくりと昼過ぎに起床。

昨日に大家さんが家餐を届けて下さったが、研究室にいたので受け取れず、本日の夕食とする。そうしてひたすら史料読解。散発的に爆竹が鳴る。

春節以前から天気が良くなり、暖かくなる。もう電熱器はいらないし、気分も晴れやかだ。まさに立春というべきか。

 

2018年2月15日(木)

除夕のため、職員や六階の同僚は皆帰郷していていない。

ドイツ人の同僚も、これにかこつけて友人と飲んだりするようだ。これまで知らなかったが、東アジア地域で旧正月を祝わないので日本くらいのようである。今日は私と警備員さんしかいない。

そんな中で、今日も史料読解。半夜前後に爆竹の音が鳴り響く中でひたすら読み進める。そんな気分にもあてられて、早朝にコンビニでビールとポテトチップスを買い、晩(朝?)酌してしまう。

2018年2月14日(水)

朝、中国語skypeレッスン。

チョコレートと誕生日プレゼントを受け取る。センス溢れるものが数点、お返しに困る。

今日も今日とてひたすら史料読解。内容は面白いのだが、そろそろしんどくなって来た。深夜というか、早朝くらいまでやり続ける。