バッターボックスに立て One Japanese Student's Diary in London

博士号取得のためロンドンに留学中。日本・東アジアの歴史を研究しています。

2018年3月10日(土)

昼頃起きて下の餐廳で昼食。その後H田先生の論文を読む。
国際私法の論文だが19世紀国際社会について学ぶことが多い。とくに自然法⇢実定法期において、自然法でもなく国家の合意でもないところに国際法の実定性を求めようとしたものとしてstandard of civilization論を考えるところは示唆に富む。

日本の条約改正についても、結局列強の国際競争上の競争で日本の内地開放が重要だったという有益な指摘があり、中国との対比で考えても首肯できる部分があるが、法的な部分が動因でなかったのは当然であって、いわゆるそれを言ってはおしまいというところもあり、それと政治的法的な理屈付けとは別だよねというのがある。世の中皆そういうものであって、そういう意味で私の議論とも矛盾するものではないだろう。

四時以降から中心部に出て、眼鏡のフレームを買おうとするが、オンデーズではレンズとセットでないと受け付けて貰えないらしい。博多ラーメンを食べ戻り、近所の眼鏡屋に再トライすると、フレーム交換を受け付けて貰えた。店員と話すが、日本なまりが分かり辛いけど可愛であると、良いのか悪いのかわからぬことを言われる。

帰宅して、朝四時頃まで研究。H田論文、O谷さんからの抜刷・以前の論文を消化し、夷務始末の読解へ。O谷論文は連盟の事務局内国際政治の様相を余すこと無く描いており、面白いし私の今後の構想のためにもとても参考になった。

ちょうど森友学園財務省が公文書書き換えを認め、政局は大混乱だ。


省庁によるボトムアップの政策決定から民意を受けた政治家のトップダウンの政治主導へ、という図式が90-00年代に標榜されたが、民主党政権から安倍一強に至る過程で、裸の政治主導が透明な行政執行を妨げることが分かってきた

これは政治主導の失敗というよりは、政治主導の時代における政官関係の在り方が整備されていないためであったと思われる。今回のようなケースを無くすには、省庁の側にもトップの恣意に対する一定の抑止力が必要であって、公文書を適切に残し公開するシステムの構築はそれを担保することになる。

英国並に独立した権限を持つ公文書管理の機関を作るのは、この意味でむしろ官僚を守るものであり、彼らにとっても国民にとってもインセンティブがあるものと思う。

 

と某SNSで発言したところ、同期のNが良くわからない部分に食いついてくる。
彼は当事者内部だから必死なのだろう。後輩も別のSNSに良くわからない投稿をしている。彼らにとっては受難かもしれないが、とうに先進国の常識と国民意識から乖離している。もう白旗を掲げるときだろう。

2018年2月20日(火)

朝起きたのは午後二時頃。そろそろ生活リズムを改善したい。

別の研究に移らなければならない。溜まっていた論文等を消化するが、余り進まない。

明日に台湾の友人等と食事に行く機会があるので、そこでリフレッシュできれば良いが。

香港の論考や博論等、やるべきことは多い。安息の地はここではないのだ。

2018年2月19日(月)

朝中国語skypeのため早く起きる。寝不足で頭が回らない。

やっとこそ字数制限以内に収まり、またミスを埋める作業をする。

夜一時半くらいに指導教員へ送信。開放感。

ビールと麻辣鍋をコンビニで買って一人晩酌。五時くらいまで目は覚めていた。

2017年2月18日(日)

朝中国語skypeのために起きる。睡眠時間が短いのが続いている。眠い。

史料を反映し、その後字数を減らす作業に移行する。既に二回ほど減らす作業をした後なので、なかなかしんどい。

睡眠不足が祟って、今日中に終わらすことができない。泣く泣く明日にまわす。

2018年2月17日(土)

今日も町は静かである。

一昨日昨日等と新年気分で深夜(早朝)に飲んだりしたので、弱冠体重が増えている。夕食を減らすが、そのために糖分不足で頭が痛い。結局豆花を食べてしまう。

文量的に今日には史料読解が終わる計算なので、ひたすら読み進め、深夜に達成。開放感がある。原稿反映の前に、気分転換でO先生の海関本を読む。

2018年2月16日(金)

今日は誕生日だが、ゆっくりと昼過ぎに起床。

昨日に大家さんが家餐を届けて下さったが、研究室にいたので受け取れず、本日の夕食とする。そうしてひたすら史料読解。散発的に爆竹が鳴る。

春節以前から天気が良くなり、暖かくなる。もう電熱器はいらないし、気分も晴れやかだ。まさに立春というべきか。

 

2018年2月15日(木)

除夕のため、職員や六階の同僚は皆帰郷していていない。

ドイツ人の同僚も、これにかこつけて友人と飲んだりするようだ。これまで知らなかったが、東アジア地域で旧正月を祝わないので日本くらいのようである。今日は私と警備員さんしかいない。

そんな中で、今日も史料読解。半夜前後に爆竹の音が鳴り響く中でひたすら読み進める。そんな気分にもあてられて、早朝にコンビニでビールとポテトチップスを買い、晩(朝?)酌してしまう。